えちごりんこと越後ゆりがお届けする何かしらのニュースです(^^♪

「This is your life」歌詞紹介

This is your life         詩・曲 越後ゆり

 

たった1枚の写真が この浮ついた胸を刺す

遠い遠い昔のことだと思っていたことが大きな罪となる

この世には世界が2つあって

こっち側だけで生きていくこともできるけど

あなたが命と引き替えに流した汗が

わたしの明日になっているかもしれないから

悲しみを歌うことで何かが少しずつ

変わることを願うだけじゃ足りず眠れぬ夜を過ごす

たとえあなたとわたしに何のつながりもなくても

胸の奥がぎゅっとつぶれるように痛むんだ どうにかしたいんだ

 

天使か悪魔がいるかの違いだけでそれ以上の違いが生まれ

あなたと私と何が違って僕らは今日もここで呼吸をするんだろう

何度だって立ち上がれるように

たとえ地球の裏側までにだって力を送ろう

夜空に瞬く星がいつかあなたの心に

光を照らすんだ太陽のように 僕は無力じゃないと

生まれてきたことを後悔なんてしないでしょう?

希望を持つことが 1番の力になれるように

ひとりじゃなんにもできないけれど そうきっとあなたの

努力が報われると 信じているから 動かしてみせる

 

その瞳に光り輝く笑顔と 生きていく喜びを取り戻してほしいから

あなたが命と引き替えになくした日々は

勇気の証なんだ 他の誰のものでもないから

 

悲しみのその向こうで誰かが笑ってる その笑顔も本物の幸せになれるように

ただもうちょっと愛をもって生きていければあなたの

流した涙で希望が芽吹くから

悲しみを歌うことで何かが少しずつ

変わることを願うだけじゃ足りず眠れぬ夜を過ごす

たとえあなたとわたしに何のつながりもなくても

胸の奥がぎゅっとつぶれるように痛むんだ どうにかしたいんだ

未来を取り戻すまで

 

--------解説----------------------------------------------------------------------------------

この曲は高校2年生のとき、ネットニュースでたまたま見つけた記事がインスピレーションとなった曲です。

その記事は、世界では現在も奴隷として扱われている人が2千7百万人にも上るという内容でした。リンカーン奴隷解放宣言後、奴隷制度は廃止となっていたと思い込んでいた私は、大きなショックを受けました。そして関連動画として挙がっていたLisa Kristineというジャーナリストの方のプレゼンテーションの動画を見て、さらにショックを受けます。この事実を知らずにのほほんと暮らしていたことに罪悪感を感じてしまうほどです。それがこちらの動画です(日本語字幕あります)。

www.ted.com

そしてこの事実をまだ知らない人に、知らせなければならない、そしてこの問題について考えるきっかけを作らなければならないと思い、この曲を作りました。

作ったというよりは、伝えなければならないと思っていると、気持ちが自然に詩とメロディーになったというほうが適切かもしれません。

しがない地方ミュージシャンが歌っているだけでは効果はないかもしれませんが、ライブやYouTube、そしてこのブログと様々なツールを通して、少しづつでも誰かに伝わるように、今後も歌っていこうと思います。

実は大学1年のころ作成したつたないMVがあるので、紹介しておきます。


ゆり『This is your life 日本語 ver.』

なんと全編自撮り、編集ももちろん全て自分でやりました。

しかし、古いギターだったためうまくレコーディングができておらず(今より歌も下手笑)、歌詞も後に追加された部分(ピンクの文字で示した部分)があるので、リメイクすることが直近の目標です。日本語 ver.というからには、English ver.もあります。受験英語の応用ですのでニュアンスが正しく伝わるのかわかりませんが、そのうち歌詞紹介したいと思います。

 

越後ゆり